COREFIDO メンテナンスブック

COREFIDOメンテナンスブックでは、OKIデータのプリンター・複合機「COREFIDO3」のメンテナンス方法や、トラブル解決方法をご紹介いたします。みんなで学んでCOREFIDO3のメンテナンススペシャリストを目指そう!

OKIの複合機(MC883/863/843)のメンテナンス品交換方法とは?

定着器ユニット、ベルトユニット、給紙ローラーの交換方法を動画で解説します!

COREFIDO3はメンテナンス品を5年間無償提供しています!(※)
「交換時期が近づいています」というメッセージを確認したら、メンテナンス品の申し込みを行いましょう。新しいメンテナンス品が届いたら、いよいよ交換作業です!
※メンテナンス品5年間無償提供を受けるためには、お客様登録が必要です。

定着器ユニットの交換方法

定着器ユニットは、複合機内部のトナーカートリッジの奥に設置してあります。取っ手がついているため持ちやすくなっています。

定着器ユニットは熱くなっていることがあるので、無理に持とうとせず、温度が下がってから気をつけて作業しましょう。

交換方法はもちろん操作パネルにも表示されますので安心して交換できます。

定着器ユニット交換動画

ベルトユニットの交換方法

ベルトユニットは、イメージドラムを全て外した下に設置しています。

イメージドラム・定着器ユニットなどを全て外しての作業になります。パーツが熱くなっている可能性があるので、作業には十分注意してください。

交換方法はもちろん操作パネルにも表示されますので安心して交換できます。

ベルトユニット交換動画

定着器ユニット・ベルトユニットは寿命になるまで使い切ってから交換しましょう!
「新しいベルトユニットに交換してください。」というメッセージが表示されてから交換してください。

給紙ローラーの交換方法

給紙ローラーは、各トレイを外した上部に設置してあります。ローラーにはギアありとギア無しの2種類があるので、間違えないように交換しましょう。

そして、ローラーのゴムになってる部分を触らないように気をつけましょう。

給紙ローラーの交換動画

COREFIDOシリーズでは、使用済みの純正消耗品やメンテナンス品を無償で回収するサービスを実施しています!WEBやお電話・FAXでお申し込みいただけますので、環境のためにもぜひご協力お願いいたします。 詳しくはコチラ

初めての方はメンテナンス品の交換なんてできるかな…と不安になるかもしれませんが、COREFIDO3は非常にシンプルな構造になっているので、動画や操作パネルを見ながら作業すればどなたでも作業できます!交換作業を率先してやることで、オフィスの星を目指してくださいね。