COREFIDO メンテナンスブック

COREFIDOメンテナンスブックでは、OKIデータのプリンター・複合機「COREFIDO3」のメンテナンス方法や、トラブル解決方法をご紹介いたします。みんなで学んでCOREFIDO3のメンテナンススペシャリストを目指そう!
※メンテナンス品5年間無償提供を受けるためには、お客様登録が必要です。

OKIの複合機(MC883/863/843)のメンテナンス品とは?

5年間無償提供される(※)メンテナンス品は定着器ユニット、ベルトユニット、給紙ローラーです。

COREFIDO3はメンテナンス品を5年間無償提供しています!(※)
保守コストの大幅削減になりますし、メンテナンスで保守員を呼ばなくてもいいので時間のムダもストレスもなくなりますね。では、具体的にメンテナンス品とは何を指すのかご紹介します。
※メンテナンス品5年間無償提供を受けるためには、お客様登録が必要です。

■定着器ユニット

定着器ユニットは、トナーを用紙に定着させるためにあります。

プリンタ内部のトナーカートリッジ・イメージドラムと一緒に並んでいて、一番奥にあります。取っ手があるのでわかりやすいです。

定着器ユニットは熱くなっていることが多いので、触る時には気をつけてください。

定着器ユニットの交換方法はコチラ

■ベルトユニット

ベルトユニットは、用紙を搬送するためにあります。

プリンタの内部を開き、トナーカートリッジ・イメージドラムを外した下に設置されてます。

ベルトユニットの交換方法はコチラ

■給紙ローラー

給紙ローラーは用紙を1枚ずつ送り出すローラーのことです。

各種トレイに設置されています。 たとえば、トレイ1の場合、トレイを引きだした手前上部に2つローラーが設置されています。

給紙ローラーの交換方法はコチラ

給紙ローラーは、ほこりや用紙からでる粉などで汚れていくことで、給紙する力が弱まってしまいます。定期的に確認して、汚れていたら清掃しましょう。

メンテナンス品申し込みの流れ(メンテナンス品5年間無償提供サービスご利用者のみ)

定着器ユニット・ベルトユニット・給紙ローラーの3つのメンテナンス品は、5年間無償提供サービスの対象となります。そのため「交換の時期が近づいています」のメッセージが操作パネルに表示されたら、以下の流れにそってメンテナンス品をお申し込みください。

メンテナンス品無償提供申し込み書に記入

OKIデータオフィシャルサイトの「WEBフォーム」から、または「FAX」でお申し込みいただけます。
●WEBからのお申し込み
お申し込みフォームに必要事項を記入してください。
お申し込みフォームはコチラ

FAXの場合は、「メンテナンス品無償提供申し込み書」をダウンロードし、必要事項を記入してください。
ダウンロードはコチラ

メニューマップを印刷

次に、メンテナンス品が必要な複合機のメニューマップを印刷します。メニューマップとは、現在の複合機の設定内容を印刷する機能のこと。

操作パネルの[ 機器設定 ]→[ レポート印刷 ] →[メニューマップ]を選択します。レポートの印刷許可設定が無効になっている場合、パスワードを入力する必要があります。

お申込書とメニューマップを送信

WEBからのお申し込みの場合は、メニューマップをJPEGかPDFにしてフォーム内に添付します。
FAXでお申し込みの場合は、お申込書とメニューマップをFAXで専用ダイアルに送信してください。

[FAXでの申し込み窓口] FAX番号:03-3502-3380

メンテナンス品到着!交換作業に入りましょう

指定いただいた日時に、メンテナンス品が到着しますので、交換作業に入ります。メンテナンス品交換方法については、コチラで詳しく説明しています。

メンテナンス品のお申し込みにはお客様登録が必要!

メンテナンス品5年間無償提供サービスに申し込みするためには、お客様登録が必要になります。必ず事前にお客様登録をしましょう。

お客様登録はコチラ

COREFIDOシリーズでは、使用済みの純正消耗品やメンテナンス品を無償で回収するサービスを実施しています!WEBやお電話・FAXでお申し込みいただけますので、環境のためにもぜひご協力お願いいたします。 詳しくはコチラ