COREFIDO メンテナンスブック

COREFIDOメンテナンスブックでは、OKIデータのプリンター・複合機「COREFIDO3」のメンテナンス方法や、トラブル解決方法をご紹介いたします。みんなで学んでCOREFIDO3のメンテナンススペシャリストを目指そう!

COREFIDO3のメンテナンスバリアフリーとは?

COREFIDO3は突然の「困った!」に、みなさんで対応できるんです!

COREFIDO3の特長は自分でメンテナンスできること。
でもメンテナンスバリアフリーってなに?自分でやるとどんなメリットがあるの? そんな疑問にお答えします。

メリット1 スピード

自分でメンテナンスできることのメリットの1つは、何と言ってもスピード。これまでは、トラブルが起きた時やメンテナンス品の交換などは、電話で保守員を呼んで、作業をしてもらっていました。

実はこれって、業務を止めてしまっていたんですね。このようなプリンター・複合機のストップ時間を大幅に低減させるために開発されたのがCOREFIDO3だったんです。

誰でも簡単にメンテナンスできる、シンプルな構造・わかりやすいサポート機能を実現した「メンテナンスバリアフリー設計」というわけです。

メリット2 コスト削減

2つめのメリットがコストダウン。
たとえば、今までは高額な保守契約を結んだり、印刷費のなかに含まれていた"見えない保守費"も、自分でメンテナンスすることで、大幅カットすることができてしまうんです。

メリット3 ストレスフリー

そして最後のメリットがストレスフリー。困っても自分ですぐに復旧できるから、ストレスなくオフィス業務に専念できる環境をつくりだすことができるというわけです。

COREFIDO3には自分でメンテナンスするサポート機能が盛りだくさん!メンテナンスブックはもちろん、公式サイトでもFAQ、ユーザーズマニュアル、アプリなど、いろんな形であなたをサポートしているので、機械が苦手な人でも安心です!

メンテナンスバリアフリーのメリットをご理解いただけましたでしょうか?会社にとってもオフィスにとってもいいこと尽くし。他の方にも、保守員を呼ばなくてもいいんだよってことぜひ教えてあげてくださいね。