COREFIDO メンテナンスブック

COREFIDOメンテナンスブックでは、OKIデータのプリンター・複合機「COREFIDO3」のメンテナンス方法や、トラブル解決方法をご紹介いたします。みんなで学んでCOREFIDO3のメンテナンススペシャリストを目指そう!

OKIの複合機(MC883/863/843)で紙づまりが起きた時の対処方法とは?

紙づまりが起きても大丈夫!
COREFIDO3なら誰でも簡単に対応できます。

プリンター・複合機を使ってると、誰もが経験したことがあるのが「紙づまり」。急いでいる時に紙づまりになってしまうと、本当に焦りますよね。

でもCOREEFIDO3なら大丈夫。誰でも簡単に紙づまりに対処できるシンプルな設計ですので、わざわざ保守員を呼ばなくても、自分で対処できます。

■紙づまりだぁ~!まずは操作パネルをチェック!

COREFIDO3は、紙づまりの時も詰まった場所に合わせて、その対処法が操作パネルに表示されます。イラスト付きなので、初めての方でも迷わずに対処できます。

用紙の動きを知っておくと、よりスムーズに対応ができます。

1 トレイの中からスタート
2 フロントカバーを登って
3 定着器を通って
4 排紙トレイから出てきて、ゴール!


こんな感じで移動していくので、操作パネルを参考に紙づまりに対処してみてください!
実際に内部でどんな風に用紙が移動していくかを動画でご紹介しています!動画はコチラでチェック
※CGおよび動画は、MC883/863/843のものではありません。参考としてご覧ください。

紙づまりが起きて、操作パネルに「両面印刷ユニット」と表示されたら、本体裏の[ E ]のマークが付いてるところをチェックしてみてくださいね。

■紙づまり発見!紙の除去は焦らず、ゆっくりと

詰まった紙を発見!さぁ、引っこ抜こう…とここで焦るのは禁物。詰まった紙を除去する時に、紙が破れてしまっては、余計取りづらくなってしまいます。

発見した用紙は、操作パネルに従ってゆっくりとそぉ~っと引き出すようにしましょう。

紙づまりの取り除き方動画

用紙の「湿気・折れ・入れすぎ」の3つのポイントに気をつけることで、紙づまりを予防することができます!

紙づまりは、プリンター・複合機を利用する中で、一番起こりやすい困りごとの1つです。紙づまりによって業務が止まってしまうのを阻止するためにも、周りの人にも紙づまり除去のコツを共有しておきましょう。