COREFIDO メンテナンスブック

COREFIDOメンテナンスブックでは、OKIデータのプリンター・複合機「COREFIDO3」のメンテナンス方法や、トラブル解決方法をご紹介いたします。みんなで学んでCOREFIDO3のメンテナンススペシャリストを目指そう!

OKIの複合機(MC883/863/843)の内部はどんな構造?

COREFIDO3は内部もシンプル設計!
「グッと持ち上げて、パカッと」開けて、内部の構造を見てみましょう。

step1まずはグッと持ち上げて、パカッと開いてみましょう。

まずは内部を確認するために、上のカバーをドンドン開いてみましょう。
複合機の構造としては、あまり見かけないタイプですが、とっても簡単なのでトライしてみましょう!
詳しくは「OKIの複合機(MC883/863/843)の特長や基本動作とは?」をチェック!

この動作は、紙づまりや消耗品の交換、メンテナンス品の交換など、様々なシーンで必要となる動作なので、一度試してみましょう!

step2内部の構造を確認しましょう。

1LEDヘッド

印刷物を表現するのがLEDヘッドの役割です。LEDヘッドが汚れていると、キレイに印刷されないことがあります。柔らかいティッシュなどで拭いて定期的に掃除しましょう。

2トナーカートリッジ/イメージドラム

トナーは、黒・シアン・マゼンタ・イエローの4つがセットしてあります。そして、トナーカートリッジと一体になっているのがイメージドラムです。 (トナーカートリッジとイメージドラムは取り外すことができます。)

3定着器ユニット

定着器ユニットはメンテナンス品です。高温になっている可能性があるので、注意しましょう!

画質に問題があった時などに掃除するLEDヘッド。黒い面をのぞきこんでみると、LEDがたくさん並んでいるのがおわかりになるでしょうか。とても繊細なので、黒い面に手で直接触れないよう気をつけてくださいね。

COREFIDO3の内部は、こんな感じで簡単に開けて見ることができます。基本的な操作になるので、周りの人にもシェアしておくと、突然の困った!にも対処しやすくなり効率的です。