オフィスのコツ

オフィスのコツでは毎日のオフィスワークの中で起こる様々なトラブルや困ったことを解決するコツ、またより効率的に業務を進めるためのコツなど、様々なオフィスのコツをご紹介しています。

どこまでOK?クールビズの服装のボーダーラインとは?

毎年夏がやってくるたびに悩まされるのが、クールビズの時の服装。うちはクールビズだからカジュアルでもOK!と言われても、実際のところどこまでカジュアルにすればいいのやら…と悩まれる方も多いのでは?今回はそんなクールビズファッションのコツをご紹介します。

男性のクールビズ

男性のクールビズといえば「ノーネクタイ」ですよね。まずはネクタイを外すところからスタートしてみましょう。シャツは半そでもOK。会社によってはポロシャツも可のところもあります。ジャケットは着用しないでも大丈夫です。アンダーはこれまで通り、パンツ・革靴を着用しましょう。この形はクールビズの基本形と考えてください。

夏になると、テレビやネットでクールビズのニュースが流れていて、中にはアロハシャツやスニーカーの人も紹介されていますが、これは会社の規定によるもの。クールビズの服装としてどこまで許可されているかは企業ごとに異なるので、不安な場合は確認をするようにしましょう。

女性のクールビズ

女性のクールビズの服装で気を付けたいのは過度な露出です。暑いからといって、肩が出ているものや短パンなどはNGです。基本の形は男性編と同じように、半そでシャツにスカート、またはパンツスタイルが一般的です。

また、靴もサンダルなど風通しの良いものを履きたいところですが、つま先が開いていないものがビジネスシーンではベター。こちらも会社や業界によって基準は異なるので、気になる人は先輩や総務に確認をとるとよいでしょう。

暑い日差しの中、外回りや外出ってキツイですよね。実はプリンター・複合機の中でも、光に弱い部分があるのをご存じですか? 例えばCOREFIDO3消耗品のひとつ、イメージドラムです。イメージドラムは光に弱かったり、汚れや傷も印刷に影響してしまう繊細な部分なのです。交換する際やCOREFIDO3の内部の作業をする際には、光に気を付けてくださいね。詳しくはメンテナンスブックで説明しています。

●メンテナンスブック COREFIDO3のイメージドラムの交換方法とは? はこちら

いつから?クールビズの時期とは

クールビズとは環境省が推進している室温を28℃でも快適にすごすことのできるライフスタイルです。(平成28年度は5月1日~9月30日までを期間としています。)企業としてクールビズを推進しているのであれば、その時期に合わせて衣替えをするとよいでしょう。

クールビズは節電や環境を目的としたもので、服装が全てではありませんが、周りの人にとっても心地よい服装で快適な夏を過ごすように心がけましょう。

併せて読みたいオフィスのコツ